高校受験に付き物なのが、筆記試験(記述式、マークシート式などの他、作文や小論文などが出題されることもあります)ともう1つ、面接だと言えますね。面接では、筆記試験だけでは見ることのできない本人の内部を判断されるのです。では、一体、面接でどのようなことを押さえておけばいいのか、いくつかポイント(貯めると商品と換えられたり、お金の代わりに使えることもあるものです)をお話していこうかもしれませんね。公立高校なら、超難関校とは違って、最低限の常識やコミュニケーション能力(手紙や電話など、対面ではないケースでも必要でしょう)さえあれば、特に問題はないんです。ですが、油断してはいけません。面接は日頃の暮らし態度などがすぐ表面に表れて来てしまうので、注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招いてしまうこともありますね)が必要になるのです。まず1つめのポイント(部分という意味もありますよね。アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)としては、その高校をなぜ選んだのか、入学後にはどのくらいの目的を持って勉強していきたいかなどをハッキリと言えるようにしておくと良いでしょうね。また、公立の高校を受験されている方は、他の高校も受験されていることが多いはずです。もし、その高校が第一志望でなかったとしても、わざわざ嘘をつく必要はありません。それよりも、将来の目標や夢などをしっかりとした態度で受け答え出来るようにしておいて下さい。2つ目は、日々の暮らし習慣やマナーができているかどうかのチェックです。志望動機なんかも聞き出すことも、面接官にとっては大きなポイントではあるんですね。でも、実は面接では、面接中のしぐさや態度を見て、コミュニケーション能力(努力次第では高めていくこともできるスキルの一つです)やしっかりとしたけじめがついているかなどをチェックしているのです。面接を行う教室(その学校によって学習環境にはずいぶんと差があるものですよね)に入ってから退室するまでのマナーや態度、服装なども、ちゃんとチェックされているのです。マナーと身嗜みには、常日頃から気を用いておくようにすると良いでしょうー